« January 2006 | Main | March 2006 »

ハヤテのごとく! 第67話「St.Valentine's Day SIDE:HOUSE"君は僕に似ている"」

「「愛」って…なんですか?」

「むろん「ためらわない事」だ!!」


……あばよ涙、よろしく勇気。


さあ、今回はバレンタイン、三千院家編。

今回はのっけから重大事実発覚。


マリアさん彼氏いない歴=年齢!

っていうか片思い含め恋愛経験そのものなし!!

灰色の青春……
ダメダメな人生……
つまらない学生生活……

とそのことをハヤテに(本人の自覚なく)バカにされマリアさんいじけモード。

「で…!! でも仕方ないじゃないですか!!」
「身近に年の近い男の子なんて…」
「いや…一人いましたっけ…」

あ…あれ?
マリアさん、あなたにもフラグ立っちゃうの!?

あなたにフラグ立つとハヤテ⇔マリアが成立してその時点で連載終了しちゃうような……

さて、舞台は変わって。

先週は「鉄鍋のジャンチョコレート包み」などを披露して前途多難な様のナギお嬢様でしたが……

「だいたい…なんで女が男にチョコをあげねばいかんのだ!?」
「バレンタインなんて、お菓子メーカーの陰謀だろ?」
「そんな企業ごときに後押しされねば伝えられぬ想いなら伝える必要などない!!」



諦めた!?


「というわけでハヤテ…私にチョコを作ってプレゼントしてくれ」


逆輸入要求!?


ちょ…この展開は前代未聞ですよ?

仮にもラブコメっぽいマンガのヒロインがチョコ贈呈全面拒否!?


「うるさい!! うるさい!! とにかく作るのだ!!」

「もっと愛を込めて!!」

さりげなくど真ん中ストレートに愛の告白してますが。
当人同士にまったく自覚がないのがなんとも。

しょうがないのでハヤテ君チョコ製作。

しかしそこは乙女三段のハヤテ君。

チョコを作らせても一級品です。

しかしそうすると面白くないマリアさん。

対抗するうちになんだか食べたら不老不死になりそうな宮廷風の物体が。

……マリアさん。
五番町飯店に就職しなさい。

そのチョコを見たナギにハヤテへの本命チョコと疑われてあわててごまかすと……

「なんだやっぱり自分用か!!」
「マリアさん食いしん坊だな~」

今週のハヤテ君、なにげにひどいです。

そりゃマリアさんも泣いて逃げ出すというもんです。

ハヤテ君がチョコあげてフォローしましたが……よく考えたらそれって追い討ちじゃあ……

とりあえず今回の話ではマリア→ハヤテフラグは半立ちって事で。

追伸:ハヤテ君のバレンタイン戦績
   もらった数=1個/あげた数=2個
   ……ハヤテ君は乙女四段に昇進しました。

| | Comments (161) | TrackBack (1)

本日はあの日ですね。

終戦直後の貧困にあえぐ日本国民の子供たちのため、

チョコレートを配って回ったという今は亡き進駐軍のバレンタイン少佐に全員、黙祷!

 
 
 
 
 
 

……うるさい、だまれ、しゃべるな。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

あいこら 第28話「月野シスターズ」

えー、

今回のあいこらは、やっぱり新幹線200系型おっぱおの姉2人を加えての、おっぱお祭りです。

です、が……

水着でビーチバレーでサンオイル……

……普通じゃないですか。
ただのスケベエじゃないですか。

「ポーツマス!」とか言っても騙されませんよ、井上先生。

ありえませんよ、ハチベエの大好物が6つも目の前にあって、なに健全に喜んでますか。

なんでおのおの60°ずつをカバーして360°どこを向いてもおっぱおの「パノラマ大回転プレイ」とかその体制で全員連続ジャンプの「超立体大地震体験プレイ」とか妄想しませんか?

まあでも。

今回のこれがありなら。

……あの菊乃盃二にも家族がいて……っ!

井上先生。

……できれば美人のお母さんでひとつ。おねがい。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

ハヤテのごとく! 第66話「St.Valentine's Day SIDE:CLASSMATE"Shining☆Days"」

……ちょ。

なんですか、このロマンチックに脳幹を侵略されたようなサブタイトルは。

どうしたんですか、畑先生。

何か悪いもの食べましたか? 血汚冷土とか。


さてさて、今週はバレンタインのお話。

……おお。

現実世界とハヤテ世界の時間がほぼ一致している。

まあ周回遅れのハヤテ時間の後ろから現実時間が追いついてきただけですが。

次にタイムリーな季節ネタが味わえるのは(現実世界で来年の)4月か……

てことは、ハヤテ世界で一年迎えるためにはうる星を超える長期連載の必要が……


がんばれー(棒読み)


で、いきなりスポットが当たるのが西沢さん。

それに引き換えナギは今週登場2コマ

ははあ。

SIDE:CLASSMATEなので学校関係からというわけですか。


で、学校関係ならばこの人ははずせません、ヒナギクさん。
のっけの登場シーンから山ほどのチョコレートを……食べてますよ。もらってますよ。

てか共学の学校でこれか。
さすがヒナギクさん、男どもが焦がれてやまない状況を女の身で平然と手に入れる、そこにしび(ry


そして出会う西沢さんとヒナギクさん。

また不審者扱いの西沢さんを助けるヒナギクさん……男前だ。

相手がハヤテと知っても西沢さんの告白に協力するヒナギクさん……男前だ。

本命チョコを渡せなかったと知ってハヤテに追いかけさせるヒナギクさん……男前過ぎる。


私はきっと
正しい選択をした…
正しい選択をした…

  かりっ

……
にが…


……っ!
今までの男分を帳消しにするほどの女前だぁぁぁぁぁっ!!

でもヒナギクさん。
乙女ちっくするにはちょいとブツが小さすぎやしませんかい?
実にヒナギクさんらしいとは思いますが。
……今はこれが精一杯?

で、西沢さんからお礼にチョコをもらってしまうヒナギクさん。

「これ、ありがたく受けとっとくわ、西沢さん」
「ではごきげんよう」

……またそんな男前な。

これで差し引き男分+2ポイント。
10ポイントプラスで男初段になれます。


あ、そういえば。
西沢さん、すっかり「~かな」が口癖で定着してしまいましたが、これって……

やっぱいいです。
これ以上言うとオヤシ□さまに祟られそうなので。

| | Comments (354) | TrackBack (1)

LOOX Pユーザーとして富士通さんにお願い

拝啓 富士通様

LOOX P毎日便利に使用させていただいております。

本ブログを執筆する際もベッドサイドの執筆道具として大変重宝しております。


ところで、ぶしつけな要望ですが、富士通様にぜひ販売していただきたいLOOX Pのオプション製品があります。

それは。

LOOX P専用液晶保護フィルタです。


……。

いやー、だってさ、PDAにしろ、ニンテンドーDSにしろ、タッチパネル使ったデバイスにゃあ必須ジャン?

必要なサイズ分切る汎用サイズはあるけどさー、あれ切断面がささくれてフィルムが浮き上がるしさー、

なーんかかえって画面に傷がつきそうでアレなんだよねー。

……。

以上、当方の要望が富士通様に届きますことを切に願っております。

(by緊張感にむらのある和泉 葫)


| | Comments (40) | TrackBack (0)

ガイキング 第11話「激震!!将軍ノーザ襲来!」

さあ、今週はいつもえらそうにふんぞり返るばかりでまともに作戦行動に参加したことのないノーザ将軍がいよいよ出撃するわけですが……

……さーくーがーがーきーたーなーいー……

まあそれはさておき何といっても今週の山場はデスクロスポイント生成阻止に向かうパイロット連中のこの会話につきますな。

「ピュリアも油断すんなよ! 最近あせってるのが、手に取るようにわかるぞ!」
「ご冗談! ローサ副長じゃあるまいし、私はあせってなんかいないよ!」
「え?」
「なあ、なんでローサ副長はあせってるんだ?」
「決まってんだろ!」
婚期を逸しちゃったからだよ

「全部聞こえちゃってるわよ、あんたたち! まじめにやんなさい、ま・じ・め・にっ!!」

「キャプテン、『婚期を逸する』って?」
「それはな……」

「ブリッジでは私語を慎むようにお願いし・ま・すっ!!」

……気にしてたんだ、ローサさん……くじけないで、がんばって……


……ところで。

ノーザン・ファイブ・ナイトの2人、リック卿とミーシャ卿ですが、俺がやるといったのに勝手に出撃して許さんとノーザ将軍に成敗されました。


早っ。
あんだけもったいぶって出てきてガイキングとの初戦闘、数分後ですよ。


現在まで確認されているダリウスの巨人軍団はノーザ将軍、ノーザン・ファイブ・ナイトの5人、ブリーザ卿、の合計7名。

現時点で3名撃沈。
早くも戦力半減です。
しかも全員ノーザ将軍の手にかかって。

……ノーザ将軍。
あんたただのジャイアンだよ。

なんかもう、巨人軍団に関してはほっといていいんじゃないだろうか。

ほっときゃノーザ将軍が全滅させてくれるさ、うん。

| | Comments (376) | TrackBack (0)

あいこら 第27話「弓雁の秘密」

実は弓雁ちゃんが同人活動もしてるバリバリのゲーオタっ……!
しかも作っている同人誌は801本……

実にイメージ通り過ぎて違和感なっしんぐだが……

何だろう……何かこう……既視感(デジャヴ)が……

あ。

ジオブリーダーズの高見ちゃんか。

まあなんだ。今回はハチベエが最低男過ぎて弁解の余地ナシです。

来週以降汚名挽回の余地はあるのか!?

……いいんですよ、あってますから。この場合は挽回で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第2回 今週の勝手にサンデー萌え大賞

思いついたときに発生するサンデー萌え大賞。

栄えある今週の大賞は……

涙目PSPのナギ……ではなく、

びっくりして髪の毛が一本S字ダンスのユウキのお母さん……でもなく、


しろがねに御命令を賜って大歓喜のアルレッキーノ&パンタローネ様に決定しました!


いや~、あの二人の喜びようったらあまりのかわいさに転げまわりましたよ。

特にパンタローネ様のとびっきり笑顔でつきぬけっぷりといったらもうっ!

……死亡フラグ確定なのが残念でならんよ畜生っ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハヤテのごとく! 第65話「それはD食2のように雪原を進むミッション」

さて。

まず謝らねばならないことがあります。

咲夜さんに。

実は私、

昨夜さんはチョイ役確定したので今後メインの話は二度と発生しないと思っておりました!

いやホンッと申し訳ない。


では今週の感想を。

ある大雪の日に停電発生。

屋敷内に設置した自家発電設備もダメに。

……意外ともろいぞ三千院家。


「じゃあ早くそのブレーカーとやらを何とかしてくれ」
「こんなに暗くては私が死んでしまう」

涙目で必死にPSPやって気を紛らすナギ。

あふん。

……すまん、つい感極まった。


というわけでハヤテ君は電力復旧のため屋敷内の発電所に旅立ちます。

しかし外は猛吹雪。


「もしかしてこれがツンデレってやつなのかな? 地球ツンデレかな?」


違います。

っていうかこれがツンデレならデレは何だ。

温暖化か。

だとしたら世界一迷惑なツンデレだな。


で、道中ネタのためだけに吹雪の中待っていた咲夜と遭遇。
なぜか今回も出てきた幽霊神父の案内で発電所に到着。

どうやら地熱発電所らしく、温泉も併設されています。

しかしあれだ。
子ども扱いを怒ったり後ろから抱き付いてあててんのよったり水もしたたりんぐを恥ずかしがったり。
いつの間にやら過敏な反応をするようになるあたり。
……咲夜もか? 咲夜もなのか?

そしてハヤテ君は濡れ鼠でブレーカーを目指す。
HP残りあとわずか。

「まさかハヤテに…ハヤテに何かあったのでは…」
「私のグラド○エルが死んでいる!!」
「や…!! やはりこれは…!!」

プ……プリ○セスクラ○ンっ!?
なんて渋いセレクトっ!!
さすが畑センセ、マニア心をよくわかってらっしゃる!

ああ、それはまだサターンが現役だったころ。
そのうわさを聞きつけたときには新品はすでに生産終了。
中古を求めて秋葉原中を駆けずり回った思い出が走馬灯のように……

こほん。


まあ最後は凍死寸前のハヤテを咲夜が助けてめでたしめでた……

「冬だけに…寒いのはもう…こおりごり…みたいな…」

ああっ、ばかっ!!
何で君は咲夜と一緒のときに限ってそんな寒々しい駄洒落をっ……!

かくしてハヤテは……

合掌。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ガイキング 第10話「ルルの危機!海底の恐怖!!」

とりあえず上のテロップ。

「謎の美少女に何かが起こる!」


……。

……『謎の美少女』て。

ま、まあそれはそれとして。

今日はルルの話。

最近ルルはお疲れ気味。

ダイヤ君、ルルをやたら心配しますが・・・・・・

「大丈夫って言ってるでしょ!」

ほら怒られた。

だめですよ、ダイヤ君。

女の子は定期的に具合が悪くなるときがあるんで……え、違う?

それはともかくめげないダイヤ君。
シャボン玉でご機嫌取り。
たちまち笑顔のルル。
そんなバカップル。
それを物陰から見るピュリア。

……あー、ピュリアさん?
あなたすっかり「物陰から盗み見て『ダイヤのやつ~』」ってポジション定着しちゃってますが……いいのかそれで?

さていよいよ敵の本拠地のある大陸へ。

は、いいのですが、そこには触手を伸ばしてガイキング他のパワーを吸い取る付加能力つきのバリヤーが。

……。

触手バリヤー!?

こりゃまた新たな新ジャンル開拓ですよ、三条センセ!

するってぇとアレですね、ルルが触手につかまってあんなことやこんなこと……げふんげふん。


敵のバリヤーの弱点は海底にあり! はいいのですが、その弱点を狙撃する役はなんとルル。
彼女のレーダー手としての能力、そして炎の力を感じ取る能力が見えないバリヤーの弱点を狙撃するには必要とのことですが、それだけではないようで、炎の力を感じ取る能力がゆえ、敵の黒い炎で感じる苦痛を乗り越えるための試練、らしいです。

というわけでなんと、カニタンクがガイキングに挿入と合体してカニキングダイバーガイキングに。
ほう……まさかカニタンクとも合体できるとは。
にしてもさりげなくガイキングの手がチョキになってるのがなんとも。

さあ、狙撃ポイントだ、そげキングダイバーガイキング!
だがそこに海蛇を無限増殖する鉄獣が。
分離して食い止めるガイキング。
照準を合わせるルル!
だが、黒い炎への恐怖心がルルを襲う!
だめなのか、ルル!
しかし、そこにキャプテンの励ましの声!

「運命に打ち勝て! 絶対にあきらめるな!」
「それが、お前の母の願いだ!」

なにやらルルの両親について知っている風でありますが。
何はともあれルル復活。
レーダー不調なるも、あっさり会得した心眼にて見事狙撃に成功します。

そしてパワー復活したガイキングは再びカニキングに。
ゲッターサイクロンで敵を粉砕しましたとさ。
めでたしめでたし。

ところで。
最近鉄獣がめきめきエロかっこよくなってるのは私の気のせいですか。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »