« 今日秋葉原でチラシをもらった。 | Main | 眠っている女性を眠りながら○○した男 »

ガイキング 第04話「行くぜ!ダリウス突入作戦」

おお。大空魔竜のあんな巨体が外からは見えない。
すごいモンですな、アンチバリアイリュージョン・プロテクト。

きっとあの船員は好奇心が強いのでちょっと見えたのでしょう。

キャプテンに呼び出されたダイヤ君。
そこでダリウスの海図を発見。

「ここのどこかに、生きてたりしないのかな。オレの父さん」

父さんの身を心配するダイヤ君に対し、

「ゼロではないが、甘い期待はしないことだ。厳しい現実が場合も考えておけ」

ダイヤ君は不機嫌でしたが、まあキャプテンですからな。そういう心構えで無いと。

さて、デスクロスポイント突入!
……ダイヤ君、酔ってます。

「船酔いのめっちゃひでえやつが、三種類くらい順番で来てるって感じぃ……」

ワープ酔いはお約束とはいえ、そりゃひでえ。

さて、これもお約束、ワープ中の敵の襲撃!
今の大空魔竜ではまともな迎撃はできない!
ガイキングでも周りの炎に耐えられるかどうか……
そこは主人公のダイヤ君、漢らしく出撃。

自身はあるか、とのキャプテンの問いに

「ゼロじゃねえけど、あんまり期待はするなってとこかな」

ナイス切り返し。それを受けてキャプテン

「絶望の中から、奇跡を掴み取って見せろ…お前のその腕で! 行け! ダイヤ!」

キャプテン・ラブ(はぁと)
おまえらなんて熱い奴ら。

かくして、大空魔竜のドラゴンカッター&パンチャーグラインドのコンボで敵を粉砕!
ところが大空魔竜の炎の出力が低下!
このままでは出口を突破できない!
そこでダイヤ君全身から炎を噴出し大空魔竜をサポート!
見事出口を突破、ダリウス界に進入を果たします。

あのー、
さわやかなところ悪いけど、
ガイキングの片手片手。
あれ、異空間の狭間で溶けてるよな。多分。

|

« 今日秋葉原でチラシをもらった。 | Main | 眠っている女性を眠りながら○○した男 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81558/7458725

Listed below are links to weblogs that reference ガイキング 第04話「行くぜ!ダリウス突入作戦」:

« 今日秋葉原でチラシをもらった。 | Main | 眠っている女性を眠りながら○○した男 »